骨格タイプ別、春の流行メイク『ツヤ肌』の作り方( ^ω^ )

こんばんは爆笑
今回は
骨格タイプ別、ベースメイクの作り方
のお話をさせて頂きますおねがい
骨格の他にお顔立ちもあると思うので
その辺りはやや臨機応変には
なって来ますが
ざっと書かせて頂きます!
なぜベースメイクなのか?
そうですよねポーン
季節的に言うとアイシャドーとか
リップの方が分かりやすく季節感が出るので
載せている方も多いかと思いますチーン
でも、なんだかんだで
1番大事なのは
ベースメイクなのです!!
特に30代に入っている方は
わかって下さると思いますショボーン
基礎化粧品からの話にはなってしまいますが
そこの話までするのめちゃくちゃ
長くなってしまうので
今回は
『下地〜パウダーファンデまで』
で、ございます爆笑
今年の春のベースの質感の流行りは
『ツヤ肌』
です!
ですが、ツヤ肌にすると
とってもぷるっとした印象なので
若々しく見える
明るく元気な印象
反面、保湿をしっかりとしないと
皮脂や汗で崩れやすいんですショボーン
そもそも
ストレートタイプとウェーブタイプの方は
肌の質感からすると
少し艶がある質感の方がお似合いになる
ので好都合かと思うのですが
ナチュラルさんは基本的にマットがお似合いなのでツヤの出し過ぎに注意です💦
ストレートタイプの方は
粒子が細かくさりげなく艶が出るような
物をハイライトで使って頂く
もしくは
下地だけツヤ感のあるものや
パウダーだけツヤ感の出るものなど
内側から湧き出る様な
さりげないツヤ感がおススメですキラキラ
ウェーブさんは
粒子の少し荒い物も場所によっては
ありかと思います!!
(目の下のハイライトゾーンなど)
そして、ウェーブさんの場合は
下地やハイライト、パウダーまで
ツヤ感が出てくれる物を使って頂いても
そこまでうるさくはならないと
思いますおねがい
ハッキリとした顔立ちのストレートさんが
ツヤ感を重ねまくると
戦闘力
53万
くらいに見られる可能性がありますびっくり
(強く見えすぎてしまいますかね…)
ですので
お顔立ちだけでも
メリハリのあるストレートさんには
さりげないツヤ感がおススメですニヤリ
私の場合は
骨格はストレートなんですが
顔立ちがウェーブよりなので
リキッドファンデーションを
塗った後のパウダー前に
ハイライトを乗せる時とパウダー後に
載せる時、どちらもあります!
正直なところ流行でいうと
       パウダーファンデーションを塗らない
               というのもありです…
            ですが、やはり少し押さえた方が
持ちは良いと思います^o^
気分によって変えますが
パウダー前に乗せる時はこちら

こちらはキャンメイクの

アイシャドウベース
なんですが
ハイライトにも使える事と
粒子が少し荒いので
リキッドの後にこちらを乗せて
パウダーをはたくとさりげない
ハイライト感を出してくれるのでリピ買い
しておりますもぐもぐ
パウダー後に載せるツヤアイテムは
こちら

THREEのハイライトですおねがい

こちらの方が粒子が細かいので
よりツヤ感と立体感、上品さが
演出できますウインク
こちらもリピ買いしております!
粒子の細かさを利用して頂けると
うそでしょ?
というくらい肌の見え方も変わるので
是非お試し下さい真顔
ナチュラルさんは
元々骨格がしっかりしていて
立体感のあるお顔立ちの方が多いので
ツヤ感を出したいなぁと
思ったら下地やファンデーション自体で
ツヤ感のあるものにして
部分でのツヤ感というよりも
顔全体で少しツヤ感を出す
という感じでしたらありだと思います!
ここからは花粉症や湿度や乾燥具合が
変わって来たり
気温の落差があって
免疫力も落ち、肌トラブルが起こりやすい
かと思います!!
ですので
調子が悪いなぁと思ったらしっかりと
自分と向き合い
体の調子と肌の調子を整えていきましょうウインク
ここまでお読み頂き
ありがとうございましたニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です